「福祉の塩」の定期購入(25g、100円)をお願いします

水太郎液体濃縮装置 エスアイディー
ホーム
S.I.Dの企業理念:省エネルギー型液体濃縮装置「水太郎」

ホーム -> S.I.Dの企業理念

福祉作業(授産)施設の経営を安定させ、障碍者の暮らしを守り続けたい

福祉支援施設で働いている障碍を持つ人達の労働収入を少しでも増やす方法はないか、と言う願いは本人を始め、福祉行政に携わっている関係者や、ご家族の皆様に重くのしかかっている大きな課題であり、心からの願いです。

このような立場の人達が、親亡き後も安心して地域社会の一員として暮らしてゆく為には、彼等に支給されている「障碍者年金」の他に、最低でも50,000円程度の収入を毎月安定して得る必要が求められています。即ち、月額10万〜15万円程度の収入は最低限必要なのですが、残念ながら、この国では安定してこの金額(収入)を得ることは大変難しいのです。

このお金は彼等が地域住民として、また社会人として日々のささやかな暮らしを維持する為に「最低限必要な経費」なのです。それは健常者である私達でも同じことです。

障碍者の支援に携わっている関係者やご家族の皆様は、常に健全な施設経営の為の具体的な「事業の形」を求めています。その結果、日々、様々な品々が作られ、僅かばかり販売もされますが、同時に多くの商品が廃棄されている現実も認めざるを得ません。

勿論、そのような中にもヒット商品に育っていく物品もそれなりにありますが、稀なことです。このように社会的に弱い立場の障碍者を「熾烈な商業活動」や「絶え間のない開発競争」に巻き込むことなく、「毎日安定した作業」と「変化はあっても少しずつゆっくり」と「小額でも確実に換金できる商品」の生産販売に従事してもらう事が望ましいのではないでしょうか。
更に云えば、「安価な原料コスト」と「安全で容易な生産管理」で「安定した小事業」を具体的に創り出すことが私達の役割なのではないでしょうか。

安定した需要を基に、安全で、優しい小事業を彼等に提供する

このSocial Businessこそが、彼等の生涯生活を支える糧となるのです。
エスアイディーが提案する、細やかな小事業が、やがて各地に、更には全国に拡がっていくよう期待しています。

水太郎の「塩事業」

水太郎の「濃縮温泉水事業」

「水太郎」とは水太郎の「塩事業」水太郎の「濃縮温泉水事業」水太郎が作る商品Webバーチャル作業体験液体濃縮装置の概要と特徴「水太郎」の保守管理マニュアルS.I.Dの企業理念会社情報お問い合わせ

液体濃縮装置「水太郎」で事業開発をご計画の皆様へ
Webバーチャル作業体験
「水太郎」の保守管理マニュアル
お問い合わせ
このページの先頭へ

個人情報保護方針

エスアイディー S.I.D(Social Innovation Development)
〒420-0032 静岡市葵区両替町1丁目7番5号
電話 054-254-0311/ファックス 054-254-0311
会社情報

get_flash_player